インプラントImplant

What is implant treatment?インプラント治療とは

  • インプラント治療とは
  • 歯を失ってしまった方に、入れ歯やブリッジと共にご提案する治療です。
    失ってしまった箇所に、インプラント体を埋入し、人工歯を装着して、歯の機能を回復させます。
    天然の歯のような噛み心地と見た目のほか、骨が痩せるのを防ぐなど機能性も兼ね備えています。

    失った歯を取り戻したい、ご自身の歯のように食事を楽しみたい、入れ歯やブリッジがどうしても合わないなどのお悩みを抱えている方は、どうぞお気軽にご相談ください。ご相談は無料です。

merit and demeritインプラントのメリットデメリット

メリット

  • 天然歯と同じ感覚で噛むことを楽しめます
  • 周囲の歯に負担をかけたり削ったりする必要がありません
  • 発音や発声に影響がありません
  • 見た目が天然歯と変わらず審美性に優れています
  • 入れ歯やブリッジに比べて骨が痩せません

デメリット

  • 外科手術が必要です
  • 顎骨が不足している場合など、症例によっては治療できないこともあります
  • 治療期間は比較的長期になります

Comparison of dentures and bridges 入歯やブリッジの比較

歯を失った場合の3つの治療法を比較しました

インプラント

歯を失った箇所の顎の骨にチタン製のインプラント(人工歯根)を手術で埋め込み、骨とインプラントが結合したことを確認してから、人工歯を取り付けます。構造的にも、噛み心地や見た目は天然歯のように自然な仕上がりになります。

入れ歯

歯を失った部分の型を取って人工の歯を作り、ピンク色の床の上に取り付け、それ自体をご自身の歯にバネで引っ掛けるようにして装着します。治療範囲によって、部分入れ歯や総入れ歯など、治療方法が異なります。

  • メリット

    • ブリッジでは対処できない大きな欠損にも対応可能です
    • 治療が簡単で、保険適用の範囲が広いため、費用を抑えることができます
  • デメリット

    • 天然歯の2~3割の能力しかなく、硬いものなどが噛みにくくなります
    • 食べ物が挟まって不衛生になりやすい
    • 歯根が無い状態なので顎骨が痩せてきます
    • 定期的な調整と作り直しの必要があります
    • 装着に違和感を感じる方が多いです
    • 発音に影響を与えることがあります
    • 留め金のバネが目立って見た目に影響します
    • 支えにしている周囲の歯に負担がかかり虫歯になりやすくなります

ブリッジ

失った歯の左右両隣の歯を削り、それらを支えに人工の歯を橋のように渡しかける治療方法です。
支えの分と合わせて、基本的に義歯3本が1セットとなります。失った歯が少ない場合に適しています。

  • メリット

    • 違和感が少なく、入れ歯よりも噛む能力が高い
    • 天然歯と変わらぬ審美性の高い修復ができます
    • 短期間で治療を終えられます
  • デメリット

    • 失った歯が多い場合には適用できません
    • ブリッジを支えるために両隣の健康な歯も削る必要があります
    • 構造上、食べ物が挟まりやすくなります
    • 歯根が無いので顎骨が痩せてきます
    • 支えにする両隣の歯に負担が大きく、将来的にそれらの歯も失うリスクが高くなります

Treatment flow治療の流れ

  • まずは無料相談にお越しください。

    患者さまのお悩みやご要望を丁寧にお伺いし、インプラント治療についてご説明していきます。
  • 検査・治療計画

    CTやレントゲンで、詳しく検査を行います。骨の量や歯肉の状態など、手術が可能かどうかを確認し、検査結果をもとに治療計画をたてていきます。
  • カウンセリング

    患者様一人ひとりに合わせた治療計画を立て、治療期間や費用など詳しくご説明いたします。ご納得いただいてから治療を進めますので、ゆっくりとご検討ください。
  • インプラント手術

    手術中は痛みを軽減できるよう配慮しながら麻酔を行い、顎の骨にチタン製のインプラントを埋め込みます。
  • 結合期間

    インプラントと骨がしっかり結合するまで2~6ヶ月程かかります。
  • 人工歯の装着

    インプラントが骨にしっかりと結合したことを確認し、歯の土台となるパーツを取り付け、人工の歯を装着します。
  • アフターメンテナンスについて

    インプラントは天然の歯と違い、インプラントそのものが虫歯になることはありません。しかし、口腔内のケアをおろそかにすると歯茎の腫れや膿などを引き起こし、最悪インプラントが抜ける可能性もあります。
    早めの治療でインプラントの抜け落ちを防ぐためにも、定期的な歯科検診と歯磨きなどの口腔ケアをきちんとおこなうことが大切です。

長く快適にインプラントを使っていただくために

インプラントそのものには神経が無いため、自覚症状が出たときには症状が悪化してしまいます。少しでも違和感を感じましたら、早めにご来院ください。
また、インプラントを入れたことで、噛み合わせや周囲との歯のバランスに違和感を感じましたら、早めにご相談ください。